中性浮力コース

魚と一緒にピタッと止まる!
PADI中性浮力コース
は理想の「中性浮力」をマスターするコースです。

このページはリベルテ那覇店のページです。
沖縄本島北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)にご宿泊の方はリベルテもとぶ店をご利用ください、無料送迎可能です。

PADI中性浮力コースとは・・・

 中性浮力とは、水中で浮も沈みもしないこと。これがカンペキにとれれば、体のコントロールがきかずにドンドン沈んでしまってサンゴをボキっとか水深5mで安全停止をするはずがいつのまにか浮上してた・・・なんてことがなくなり、マナーや安全面が大いに向上。さらに、魚を観察するにも水中写真を撮るにも、水中でピタッと止まれて行動したいことが思いのままに。 そんな”できるダイバー”を目指すこのコースでは、タンクやスーツの種類によってウエイト量を調整する知識から、BCDや肺の呼吸をコントロールして中性浮力がキチンととれるまでのテクニックを磨きます。 これができればドロップオフもなんのその!中層でピタリと止まって魚と一緒にホバーリングもOK。水中での余裕は中性浮力にあり!です。

PADI中性浮力コースを終了すると何ができるようになりますか?

  • 無駄な動きがなくなり疲れなくなります
  • 思い通りに水中を泳げるため、水中生物やサンゴを傷つけません。
  • エアーの消費が少なくなります。
  • かっこよく上手に見えます。
  • 潜行や浮上が上手になり、不安がなくなります。
  • 浮いたり沈んだりしないため、フィッシュウォッチングやカメラでの撮影に専念できます。

どんなダイバーにオススメですか?

  • ダイビング中に浮いたり沈んだりして、疲れてしまう方
  • 浮力調節にばかり気をとられて、ゆっくり水中を楽しめない方。
  • 耳抜けが悪く、潜行に不安のある方。
  • エアーの消費が早い方。
  • 水中写真を上手に撮りたい方。
  • 水中生物に対して、いつも配慮しているけれども、さらにサンゴや生物を傷つけないダイビングがしたいと考えていらっしゃる方。

ダイビング日記(ログ) ダイビングの雰囲気がわかります・・・

ダイビングログ

    コース内容のご説明

    学科講習(自習)

    • 事前学習は必要ございません。 

    学科講習(沖縄のお店にて)

    • ダイビングの前に実際のダイビング方法に合わせて、インストラクターが説明いたします。
    • ダイビング後、復習をかねてインストラクターが説明を行います。

    海洋実習

    • 海で2ダイブが必要になります。 
    • 2ダイブ中、コースの練習ばかりでなく、ファンダイビングとして遊びのダイビングも行います。

    取得までの流れ、スケジュール

    タイムラインのタイトル
    • リベルテ那覇店に「お電話」「メール」「HP」よりお申込くださいませ。 お申込画面

    • お申込情報を確認させていただきます。

    • 沖縄にお越し下さい。 ダイビングを楽しみましょう!

    • 合格おめでとうございます!
    • 後日、ご自宅にカードが送られます。

    サンプルスケジュール

    半日コース

    タイムラインのタイトル
    • 1日目
      到着日
      午前中に那覇空港にご到着くださいませ。

      午後から無人島で2ボートダイビング(ビーチの場合もございます)このうち2ダイブで講習を行います。
      お店に戻ってきてから学科のレクチャー

    • 2日目
      ダイビング または お帰り

    1日コース

    タイムラインのタイトル
    • 1日目
      到着日
      夜、最終便でのご到着でもOKです。

      那覇市内のホテルにご宿泊

    • 2日目

      (海況により変更の場合もございます) このうち、2ダイブで講習を行います。
      お店に戻ってきてから学科のレクチャー

    • 3日目
      ダイビング または お帰り

    リベルテ那覇店のPADIコースの特徴・他店との違いは?

    料金

    • 料金表をご確認くださいませ。
    • ファンダイビング料金とは別になります。

    実施条件

    最少催行人数1名様から
    ダイブ回数2ダイブ
    受講資格PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 または
    PADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー(年齢10歳) 以上
    PADI以外のダイビング団体の方はお問い合わせくださいませ。
    最短実施日数1日間
    開催日時毎日開催しております

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました