水中デジタルカメラコース

PADI水中デジタルカメラコース
デジタル・カメラで水中撮影

このページはリベルテ那覇店のページです。
沖縄本島北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)にご宿泊の方はリベルテもとぶ店をご利用ください、無料送迎可能です。

PADI水中デジタルカメラコースとは・・・

 

 陸上でも水中でも、デジタル・カメラ(デジカメ)が広く一般的となりました。スクーバダイビングでもデジカメで楽しく格好良く撮影を出来るようになるためのテクニックを手に入れられるのが、このPADI水中デジタルカメラコースです。最初のダイブでは、難しいことは抜き!デジカメの準備をして、色調整をして写真を撮影するコツをインストラクターに教わりましょう。ここまででレベル1の認定を受けられます。(ダイブ1はプールで行ってもOKです)ダイブ2では、さらに魅力的な写真の撮り方が身に付きます。撮影後、パソコンへのデータの取り込み方法や編集ソフトを使用した簡単な加工方法までも身につけられるのです。今まで難しいと感じているデジカメのAUTO機能しか使っていなかったあなた!!このコースに参加した後は、環境に応じた素早い調整が出来るようになり構図を考えたしゃれた写真がたくさん撮れる方ことは間違いありません。ぜひお近くのPADIショップへ足を運びましょう。豆知識!! 被写体に集中するにはカメラを持った浮力調整は欠かせません。事前にプールまたは限定水域でカメラを持ちファインダーやモニターを見ながら浮力調整をする練習をしておくと、デジカメのトレーニング・ダイブで被写体に集中できますよ。

PADI水中デジタルカメラコースを終了すると何ができるようになりますか?

  • デジタル・カメラを使用した失敗のない撮影技術が身につく
  • デジタル・カメラ機材のメンテナンスがマスターできる
  • 水中バランスなどダイビング・スキルが向上する
  • 水中環境をよく知る技術が身につく
  • 生物を観察する洞察力が磨かれる
  • 撮影した写真データを効果的に取り込み、バックアップ、印刷できる

どんなダイバーにオススメですか?

  • デジタルカメラで気軽に水中写真を楽しんでみたい方
  • 陸上ではデジカメを良く使って分かっているけど、水中でうまく写真が撮れない方
  • デジカメで撮った水中写真の管理方法を学びたい方

ダイビング日記(ログ) ダイビングの雰囲気がわかります・・・

ダイビングログ

コース内容のご説明

学科講習(自習)

  • 事前学習は必要ございません。 

学科講習(沖縄のお店にて)

  • ダイビングの前に実際のダイビング方法に合わせて、インストラクターが説明いたします。
  • ダイビング後、復習をかねてインストラクターが説明を行います。

海洋実習

  • 海で2ダイブが必要になります。 
  • 2ダイブ中、コースの練習ばかりでなく、ファンダイビングとして遊びのダイビングも行います。

取得までの流れ、スケジュール

タイムラインのタイトル
  • リベルテ那覇店に「お電話」「メール」「HP」よりお申込くださいませ。 お申込画面

  • お申込情報を確認させていただきます。

  • 沖縄にお越し下さい。 ダイビングを楽しみましょう!

  • 合格おめでとうございます!
  • 後日、ご自宅にカードが送られます。

サンプルスケジュール

半日コース

タイムラインのタイトル
  • 1日目
    到着日
    午前中に那覇空港にご到着くださいませ。

    午後から無人島で2ボートダイビング(ビーチの場合もございます)このうち2ダイブで講習を行います。
    お店に戻ってきてから学科のレクチャー

  • 2日目
    ダイビング または お帰り

1日コース

タイムラインのタイトル
  • 1日目
    到着日
    夜、最終便でのご到着でもOKです。

    那覇市内のホテルにご宿泊

  • 2日目

    (海況により変更の場合もございます) このうち、2ダイブで講習を行います。
    お店に戻ってきてから学科のレクチャー

  • 3日目
    ダイビング または お帰り

リベルテ那覇店のPADIコースの特徴・他店との違いは?

料金

  • 料金表をご確認くださいませ。
  • ファンダイビング料金とは別になります。

実施条件

最少催行人数1名様から
ダイブ回数2ダイブ
受講資格PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 または
PADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー(年齢10歳) 以上
PADI以外のダイビング団体の方はお問い合わせくださいませ。
最短実施日数1日間
開催日時毎日開催しております

コメント

タイトルとURLをコピーしました