ドライスーツ

沖縄でダイビングを1年中楽しもう!
PADIドライスーツダイバー

このページはリベルテ那覇店のページです。
沖縄本島北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)にご宿泊の方はリベルテもとぶ店をご利用ください、無料送迎可能です。

PADIドライスーツコースとは・・・

正式にはPADIドライスーツダイバースペシャルティーコース(略してドライスーツコース)と言います。 ドライスーツコースは水温の低い海でのダイビングを快適にさせてくれるドライスーツを使いこなすためのコースです。 ウェットスーツと比較して、ドライスーツを利用するには練習が必要になります。 なぜならば、ドライスーツはスクイーズといわれる締め付けを防ぐために、ドライスーツの中に空気を出し入れする必要があるからです。 このため、ウェットスーツでは気にしなかった、スーツの浮力をコントロールする必要があるため、練習が必要となるのです。
 ちょっと難しく感じるかもしれませんが、大丈夫! リベルテのPADIドライスーツダイバーコースでは、わかりやすく、楽しく、快適にドライスーツを使いこなす方法を、ダイバーの皆様にお伝えしております。

  • ドライスーツコースでは2ダイブ必要ですが、2ダイブ中、全てがドライスーツコースの練習ではなく、ファンダイビングとして遊びのダイビングも行いますので、ご安心ください。

沖縄ではいつからドライスーツを利用しますか?

  • 沖縄でのドライスーツの時期は? 12月~4月、水温が24度を切るとドライスーツの季節です

どんなダイバーにオススメですか?

  • 冬のダイビングでは水中だけでなく、陸上も寒さを感じます。 暖かい沖縄でも、冬に水に濡れた体で風に当たるととても寒く感じます。 体が濡れないドライスーツは、着替えの時や陸上で休息している時が寒くありません。 沖縄でのドライスーツの利点は水中での寒さ対策よりも、陸上での寒さ対策に威力を発揮します
  • 寒さだけでなく、疲労感も格段に違います。 特に1日に、2~3本ダイビングする場合、ダイビングの時間よりも休息時間の方が長くなり、1日中濡れているウェットスーツでは、寒さのために体力を消耗しやすくなります。  体が濡れないドライスーツは疲れを軽減してくれます。
  • ダイビング後の着替えがとてもスムーズです。 頭と顔を水で洗い流せばOK! 震えながら水を浴びて、着替えをする必要がありません。
  • 経験的には、男性よりも女性の方のほうが寒さには敏感なようです。 女性ダイバーの方で、今までのダイビング経験から「自分が寒さに弱い」と感じる方は、ドライスーツをご選択されると良いと思います。
  • 寒さ以外にも、女性の方には生理の時にドライスーツを利用したいというご要望もあるようです。

ダイビング日記(ログ) ダイビングの雰囲気がわかります・・・

ダイビングログ

コース内容のご説明

学科講習(自習)

  • 事前学習は必要ございません。 

学科講習(沖縄のお店にて)

  • ダイビングの前に実際のダイビング方法に合わせて、インストラクターが説明いたします。
  • ダイビング後、復習をかねてインストラクターが説明を行います。

海洋実習

  • 海で2ダイブが必要になります。 
  • 2ダイブ中、コースの練習ばかりでなく、ファンダイビングとして遊びのダイビングも行います。

取得までの流れ、スケジュール

タイムラインのタイトル
  • リベルテ那覇店に「お電話」「メール」「HP」よりお申込くださいませ。 お申込画面

  • お申込情報を確認させていただきます。

  • 沖縄にお越し下さい。 ダイビングを楽しみましょう!

  • 合格おめでとうございます!
  • 後日、ご自宅にカードが送られます。

サンプルスケジュール

半日コース

タイムラインのタイトル
  • 1日目
    到着日
    午前中に那覇空港にご到着くださいませ。

    午後から無人島で2ボートダイビング(ビーチの場合もございます)このうち2ダイブで講習を行います。
    お店に戻ってきてから学科のレクチャー

  • 2日目
    ダイビング または お帰り

1日コース

タイムラインのタイトル
  • 1日目
    到着日
    夜、最終便でのご到着でもOKです。

    那覇市内のホテルにご宿泊

  • 2日目

    (海況により変更の場合もございます) このうち、2ダイブで講習を行います。
    お店に戻ってきてから学科のレクチャー

  • 3日目
    ダイビング または お帰り

リベルテ那覇店のPADIコースの特徴・他店との違いは?

料金

  • 料金表をご確認くださいませ。
  • ファンダイビング料金とは別になります。

実施条件

最少催行人数1名様から
ダイブ回数2ダイブ
受講資格PADIオープン・ウォーター・ダイバー 以上 または
PADIジュニア・オープン・ウォーター・ダイバー(年齢10歳) 以上
PADI以外のダイビング団体の方はお問い合わせくださいませ。
最短実施日数1日間
開催日時毎日開催しております

コメント

タイトルとURLをコピーしました