レスキューダイバーコース

万一のトラブルも
PADIレスキューダイバーコースで
頼もしいダイバーに変身

このページはリベルテ那覇店のページです。
沖縄本島北部(名護市、恩納村、本部町、今帰仁村など)にご宿泊の方はリベルテもとぶ店をご利用ください、無料送迎可能です。

PADIレスキューダイバーコースとは・・・ 

 正式にはPADIアドバンス・オープンウォーター・ダイバーコース(略してAOW)と言います。
 PADIアドバンスコースはライセンス取得コースにあった制限を越えて、様々なダイビングポイントで楽しむための準備コースです。
 ライセンス取得コース(オープンウォーターコース)を修了された方は、沖縄だけではなく、海外のリゾートや北の海、流氷ダイビングなど、色んなダイビングをしてみたいと思うことでしょう。しかし、ライセンスの種類によって色々な制限が設けられております。 ライセンス取得コースで取得した(オープンウォーターコース(OWD))だと水深18mまででしか潜ることが出来ません。特に海外のダイビングスポットでは、水中での見どころが水深18mより深いところにあることが多くなります。
 PADIアドバンス(AOW)を取得すると、深いところにある見どころを満喫出来るのはもちろん、色々な種類の楽しみ方を知ることが出来るようになります。PADIレスキューダイバーコースはさまざまなテキニックでダイビングの緊急事態を予防・回避し、必要な場合にはそれに対処できるように準備します。大自然を相手に遊ぶレジャースポーツでは、ときとして予想外のアクシンデン トに遭遇する場合もあります。それらは、実際にはほんのささいなことがキッカケで大きなトラブルにつながるケースが多いのです。たとえば、スキンダイビングをしていて浮上時に水を飲んでしまい水面であわててしまったり、エントリー時や水中移動時にスクーバ器材をひっかけて身動きがとれなくなってしまったりといった、 落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルが原因となって一瞬にしてストレスから不安、パニックへと拡大していってしまいます。こうしたトラブルが発生しても、すぐに対処できる知識をそなえるとともに、 トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、さらに万一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・コースです。実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など現実に役立つ知識をトータルに学びます。たとえば救助法ひとつをとっても、救助を必要としているダイバーの精神面、 状況、救助場所、環境の違いなどでその方法は変わってきますが、講習では、ビーチの場合、ボートの場合などのパターンを想定して、適切な方法をシミュレ ーション形式でひとつひとつマスターしていきます。レスキュー・コースを受講することは、他のダイバーを救助できるテクニックが身につくばかりでなく、同時に 自分自身のスキルアップが図れ、さらにはセイフティ度も格段に向上することになります。バディがレスキュー経験を持つ経験豊富なダイバーであれば、より安全性の高いダイビングが安心して楽しめることは間違いありません。レスキュー・ダイバー・コースは、ダイブマスター・コースなどPADIプロフェッショナル・ダイバーへのステップアップにも不可欠なコースです。 正式にはPADIアドバンス・オープンウォーター・ダイバーコース(略してAOW)と言います。
 PADIアドバンスコースはライセンス取得コースにあった制限を越えて、様々なダイビングポイントで楽しむための準備コースです。
 ライセンス取得コース(オープンウォーターコース)を修了された方は、沖縄だけではなく、海外のリゾートや北の海、流氷ダイビングなど、色んなダイビングをしてみたいと思うことでしょう。しかし、ライセンスの種類によって色々な制限が設けられております。 ライセンス取得コースで取得した(オープンウォーターコース(OWD))だと水深18mまででしか潜ることが出来ません。特に海外のダイビングスポットでは、水中での見どころが水深18mより深いところにあることが多くなります。
 PADIアドバンス(AOW)を取得すると、深いところにある見どころを満喫出来るのはもちろん、色々な種類の楽しみ方を知ることが出来るようになります。

PADIレスキューダイバーコースを取得すると・・・?

  • トラブルを未然に防ぐ能力がつきます。
  • 緊急時の応急処理法が身につきます。
  • 負傷 したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につきます。
  • 水中捜索方法がマスターできます/自分自身の安全性が高まります。

どんなダイバーにオススメか?

  • スキルアップして、今以上に余裕を持って楽にダイビングを楽しみたい方
  • 大切なバディーやダイビング仲間に、もしもの事があったとき、的確に対応したい方
  • とにかく、安全ダイビングの為に自分のスキルアップをしたい方
  • PADIマスタースクーバダイバー(MSD)を目指している方
  • PADIダイブマスター、またはインストラクターを目指していらっしゃる方

アPADIレスキューダイバーコースを受講したお客様の感想

現在作成中です。

ダイビング日記(ログ) PADIレスキューダイバーコースの雰囲気がわかります・・・

コース内容のご説明

学科講習(自習)

事前学習に関しては、まずDVDの第1章を見てから、マニュアルの第1章の内容を読み、その後マニュアルの第1章 最後にある「ナレッジレビュー」を記入してください。詳しい学習の仕方に関してはマニュアルiXページにある「このマニュアルの使い方」をご覧ください。

コース開始時までに「ナレッジリビュー」にご記入がない場合、日程内にコースが終了しない場合がございます。

  • 第1章~第6章までを予習してください。
  • 記入済み「ナレッジレビュー」に関しては、沖縄にいらしてから提出していただきます。
  • 事前準備(予習)が完了していないと、コースが予定通り終了できない場合がございます。 事前学習を前提としたコース設定を行っているため、ご協力のほどお願い申し上げます。

学科講習(沖縄のお店にて)

  • 事前に予習していただいた内容の復習、及びポイント部分に関してのレクチャーを行います。
  • 2日間に渡り、海洋での実技練習を行います。 ここのトラブルに対する対処方法、全体を通してのシナリオを描いた対処方法を学んでいきます。

海洋実習(2日間)

  • PADIレスキューダイバーコースは5ダイブとカウントされますが、実際には足のつく浅場での練習を含みますので、ダイブ本数をカウントすることは困難です。 2日間に渡り、海で各種の実習を行ってまいります。

取得までの流れ、スケジュール

タイムラインのタイトル
  • リベルテ那覇店に「お電話」「メール」「HP」よりお申込くださいませ。 お申込画面

  • レスキューマニュアルをご自宅にお送りいたします。
  • ご自宅で予習を行ってください。詳しくはお送りしたマニュアルに記載されています。

  • 沖縄にお越し下さい。 最短2泊3日でコースが開催されます。
  • PADIレスキューダイバー合格おめでとうございます!
  • 後日、ご自宅にカードが送られます。

サンプルスケジュール

最短期間で取得 2泊3日コース

タイムラインのタイトル
  • 1日目
    到着日
    午前中に那覇空港にご到着くださいませ。

    午後からビーチにてPADIレスキューダイバーコースの海洋実習1日目を行います。お店に戻ってきてから 学科講習

  • 2日目
    朝からビーチにて

    PADIレスキューダイバーコース2日目の海洋実習を行います。 お店に戻ってきてから 学科講習

  • 3日目
    お帰り

慶良間満喫余裕の 3泊4日コース

タイムラインのタイトル
  • 1日目
    到着日
    夜、最終便でのご到着でもOKです。

    那覇市内のホテルにご宿泊

  • 2日目
    朝からビーチにて

    PADIレスキューダイバーコースの海洋実習1日目を行います。お店に戻ってきてから 学科講習

  • 3日目

    (海況により変更の場合もございます)が可能です。 お昼休みの間に、PADIレスキューダイバーコース2日目の海洋実習を行います。

  • 4日目
    お帰り

リベルテ那覇店のPADIコースの特徴・他店との違いは?

料金

コース名













税抜料金





使






























備考
レスキューダイバー12¥48,500×××××
記号説明: ○→費用に含まれます ×→費用に含まれません 空欄→関連なし
  • タンク代、送迎、施設使用料を含みます。ただし送迎は那覇市内に限ります。
  • 消費税抜きの料金です。

実施条件

最少催行人数1名様から
ダイブ回数5ダイブ相当
受講資格PADIアドバスド・ダイバー以上又は同等の他団体Cカード取得者
且つエマージェンシー・ファースト・レスポンス・プログラム修了者
PADI以外のダイビング団体の方はお問い合わせくださいませ。
最短実施日数2日間
沖縄にお住まいの方は、1日単位でのご受講も可能です。
沖縄県外の方は、2泊3日必要になります。
開催日時毎日開催しております

コメント

タイトルとURLをコピーしました